楽々亭

同じ気持ちや思いを語り聞いてみませんか

楽々亭へようこそ

人間はいつかは死を迎えます。

近親者の死を経験したものが、今度は自分の死を見つめていかねばなりません。


しかしそれをポジティブに考え、いかに楽しく、人のためになる生き方ができるかを、この会を通じて考え、実践できるようになっていきたいと思っています。


私たちと同じ気持ちや思いを語り聞いてみませんか。

楽々亭では、講師をお呼びしてお話をお聞きした後、いかにすれば生き生きと生きて行けるか、みんなで話し合う会を開きます。


人は一人では生きて行けません、仲間を大事にしましょう。

楽々亭第3回開催

 9月26日、第3回の楽々亭開催です。

        

 今回は安堂先生のお話しは短めで、その後皆さんが、今思っていることを一人一人お話しされました。とても幸せだという方もあれば、今色々悩んでいる方の発言もあり、内容の濃い会合でした。

        

 終わってからも、お互いに励まし合うグループもあり、楽しく語らうグループもあり、なかなか時間が来ても部屋が空きませんでした。

        

 やはり生きているといろいろな事があり、それぞれの方が悩んでおられ、話すことにより少しはストレスが解消して行くのですね。

 次回は10月31日(土)午後1時30分から行います。活発なご意見が聞けることを楽しみにしています。

        

             籠谷弘

「楽々亭」第3回に参加して

 今回は短いお話の後、安堂さんからあの人は今どこにいるのと問いかけがありました。 皆さん色々話されたと思うのですが、問いかけにどう答えられたたか覚えてなくて…。 私はもう苦しみも、身体の悪い所も無くなって天国に居ると思うと答えました。 他の方々も似たような安らかで平安な所に居ると答えられた?

        

 後半で安堂さんはあの人には何度も出会っているのではないですか、あの人は仏になって、生きている者はあの人から教えを頂くと仏教の教えを語られました。「生きている者がいつまでも悲しんでいたら安心して天国に行けないよ」とあの人が言っているのだと思うと同時にこの教えに惹かれました。仏になって、生きている者に元気でくよくよせず生きていくようにとあの人が伝えていると思うと本当に心が安らぎます。

        

 無量(量れない)寿仏と無量(量れない)光仏のお話では、孫悟空が金団雲に乗って遠くまで逃げたのでもうさすがにお釈迦様に見つからないと思ったら、お釈迦様の手のひらの有る所まで行っただけという三蔵法師と旅をした物語を思い出していました。

        

 今回も安堂さんのお話に耳を傾けて考えさせられました。ありがとうございました。

        

             前田美沙

  

楽々亭通信

楽々亭次回開催要項

 開 催 月1回

        

 開催日 10月31日(土)に第4回を開催いたします。

        

 時 間 午後1時30分より3時30分

        

 参加費 参加費は無料

        

 場 所 西京区役所洛西支所会議室 7月、9月に開催した場所です。 裏(西側)から入って下さい。


 講 師 安堂 芳雅 師

「楽々亭趣意書」

 人は多くの人の死を見つめたとき、嘆き、ときには悲しみながら生きています。そして、やがて自分の死を見つめなければなりません。生と死、これは表裏一体です。

        

 「あなたはいつまで生きるのですか?」「あなたはいつ死ぬのですか?」誰も答えられません、自分の死でありながら。

        

 私達は人の生死を「楽」と言う概念でとらえました。楽に生きる、楽に死んで行く。これが楽々亭の目標です。私達はいつかは死んで行く。それをポジティブにとらえ、楽に生きることにより楽に死んで行ける。

        

 では、どうすれば楽に生きられるのでしょうか。私達は東洋哲学を基にして、皆で考え、討論し、実践していくことにより、これを手にします。そうした集まりが楽々亭です。

        

 特に高齢者になると確実に死に近付いています。私というものを我が身だけで捉えるのではなく、多くの人々と共有しながら、ネガティヴにならず、もっと大きな輪の中で捉えて行ければ、死は恐れるものではなくなります。

 そんな仲間を作り、増やし、この世をポジティブに生きて行く。これが「楽々亭」です。

「楽々亭」参加申し込

楽々亭への参加のお申し込み等は下のお問い合わせフォームより、ご連絡ください。担当者から連絡させて頂きます。


ご連絡先

氏名 籠谷 弘
(かごたにひろし)
610-1143
住所 京都府京都市西京区大原野東境谷町一丁目1番地
4棟701号
電話番号 075-874-5320
携帯電話番号 090-2924-0014
FAX番号 075-874-5328
E-mail kago@botuichi.com
Copyright(c) 2019 NPO Botuichi All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com